図 案

 表示されている図案は縮小版です。
 それぞれの図案をクリックするとA4サイズで表示されますのでそちらを保存して活用ください。

11月15日掲載
【025】 【026】

【027】

【028】【029】

6月1日掲載
【001】【002】
【003】

6月15日掲載
【004】【005】

7月1日掲載
【006】【007】

7月15日掲載
【008】

8月1日掲載
【009】 【010】 【011】

8月15日掲載
【012】 【013】

9月1日掲載
【014】

9月15日掲載
【015】【016】【017】
【018】【019】

10月1日掲載
【020】

10月15日掲載
【021】 【022】

11月1日掲載
【023】 【024】
 【図案の公開について】

津軽の伝統工芸であるこぎん刺し。
これまで研究に携わってこられた多くの方々には
心から敬意を表したい。
その中で、橋一智、寛子両氏によるこぎん模様は特筆すべきものであると考えるが、今日までその功績を知るものは少ない。
しかし、2017年4月発行の「そらとぶこぎん」に橋寛子氏が特集されたことにより一躍クローズアップされたことは非常に喜ばしいことである。
2015年1月に故人となった寛子氏はこぎんの刺し手であり、私の師である。
残された世界に誇れるこぎん模様。
一人でも多くの人に活用していただきたく、この想いとともに届けたい。
それが遺品を託された私の役目であると思っている